スポンサーリンク

デスクワークやスマホ、読書、ゲームなどは胸筋を収縮させ、猫背や肩凝りなどにつながります。これが続くと肩甲骨に歪みが生じ、女性ならバストアップの低下を招いてしまいます。

正しい姿勢を保ちながら肩甲骨をほぐし、胸筋を伸ばしてあげることで理想的なバストアップを目指しましょう!!

サビ 肩甲骨 バスト アップ

肩甲骨とバストサイズの関係とは?

「天使の羽」とも呼ばれる肩甲骨ですが、これは胸の真後ろにあり、体幹とは鎖骨としかくっついていないため、非常に歪みやすい構造であるといえます。
また、左右の肩甲骨同士はつながっていないため、左右上下のアンバランスが生じたり、肩の方にずれたりしてしまいます。
このように肩甲骨が歪み、周辺の筋肉が凝り固まると身体にさまざまな悪影響を与えます。

最たるものは首や肩のこりですね。そのほかにも猫背冷え性内蔵機能の低下にも関係してくるといわれています。そして、女性ならバストにも影響を及ぼすといわれており、バストを理想位置で安定させる力の低下、つまりバストの下垂につながってくるのです。

スポンサーリンク

バストの成長を妨げる要因はいくつか考えられますが、肩甲骨が歪み、背中が丸まった姿勢の状態が続けばバストを理想の位置で保つことは難しくなり、かつサイズアップを妨げることになるのです。
このことは逆に考えれば、正しい姿勢を保ちながら肩甲骨を刺激し、歪みが解消されれば、バストアップにつながるということです。身体はつながっているので、肩甲骨を刺激するエクササイズを行うことにより、鎖骨の歪みも矯正され閉じていた肋骨が開き、凝り固まっていた胸筋もほぐれてきます。

そもそも日常の生活スタイルにおいては胸筋は伸ばすことより収縮させる行動が多いといえます。デスクワークやスマホ、読書、ゲームなど手を使う動作はほぼ胸筋を収縮させているのです。したがって、一日のうち何度か胸筋を伸ばし、肩甲骨をほぐすことで血行を良くし、リンパの流れをスムーズにしてバストサイズがアップしやすい身体をつくりましょう。

ごく簡単にできるストレッチとして
手を後ろに組み胸を張る
肘を曲げて壁に手を当て、上半身を捻る

これくらいの簡単な動作で胸筋が伸びていることを実感できます。
仕事の合間にでもできるので、時々やってみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク