スポンサーリンク

肩甲骨の動きはバスケットボール選手にとってはとても大切です。

中でもあらゆるパスの種類は肩甲骨が重要な役割を果たします。

ストレッチなどによって肩甲骨を柔らかくし可動域を広げてパススピードを上げ
パフォーマンスの向上を目指して下さい!!

バスケ パススピード 上げる

肩甲骨を意識してパススピードを上げる

今、たくさんのスポーツで注目されているのが肩甲骨。

肩甲骨を柔らかく保ち、その可動域を広げることによって携わっているスポーツの技術はぐんと高まります。

その一つがバスケットボール。

ボールを投げる

受ける

走る

そしてさまざまな種類のパス

どれをとってみても肩甲骨が重要な役割を果たしていることがわかります。

バスケットボールにおいては、パスの確実性はとても重要なものです。

しかもそのスピードが試合を決定づけるといっても過言ではありません。

強いパスが出せない人は強いパスを出そうと思って腕や手首に力が入りすぎています。

力を入れれば入れるほど実は動きが鈍り、パスも弱くなってしまうのです。

スポンサーリンク

とにかくイメージすることは軽く出すこと。

力を入れず弾き出す感覚が大切です。

基本であるチェストパスですが、パスは投げるものではなく
肘を張って胸にボールをくっつけるくらいでミートします。

これが苦手な人は肘が開いていません。

なぜ肘が開いていないか、それは肩が回っていないからです。

肘を上に持ち上げて肘を開くのではなく
肩甲骨を斜め上に引き上げて肘を開く
このイメージがポイントです。

そうすることによって手の平が前方に向き自然に手首が伸びるので、その反動でボールを弾き出すことになります。
手首を返すイメージではなく、自然にボールを自分の方に向かって回すイメージです。

このように、パスも含めて強いボールを出すためには、体のあらゆる部位の連動性が大切になってきます。

肩甲骨を柔らかくすることはその連動性に大きく関わり、パフォーマンスの向上が見込めます。
パスだけではなく、ドリブルやシュートにおいても上手い選手は肩甲骨がとにかくよく動いているのです。
したがって、今後パフォーマンスを向上させるためには日常的な肩甲骨のストレッチを続けることが大きな意味を持ってきます。

ストレッチはケガを防ぐことにも役立つので
きちんと意識して取り組んでいきたいものですね。

スポンサーリンク