スポンサーリンク

速く鋭いスマッシュ。

バドミントンをやってる人ならここぞという場面で決めたいものですよね。

そんなスマッシュを打てるようになるには肩甲骨の動きが大切となり、そのためのストレッチが重要な役割を果たします。

バドミントン スマッシュ 鋭く

肩甲骨の可動域を広げて鋭いスマッシュを決めよう!

今、多くのスポーツで肩甲骨がもたらす効果が注目されています。

野球やテニス、ゴルフなど「スイング」が必要とされる競技においては、この肩甲骨の重要性はどんどん高まっているといえるでしょう。

バドミントンもその一つ。

ラケットを振り下ろすスマッシュのスピードは肩甲骨の動き
つまりその可動域が大きく関わってきます。

なぜ肩甲骨の可動域がスマッシュに関係するかというと
可動域が広ければより広い範囲で腕が振れるからです。

スポンサーリンク

腕を大きく振ることで遠心力を生み、腕が鞭のようにしなってラケットを加速させるわけです。
つまり、高い打点からラケットを強く振り下ろす動作としては、肘を後ろに引いたテイクバック時に胸を張ることで肩甲骨は背中の中心に寄せられ、腕が最も上に上がったときに肩甲骨も上がり、そして振り下ろしたときに開く、という一連の流れになります。

この肩甲骨の動きを大きくしてあげることがポイントです。

したがって、鋭いスマッシュを打つためには肩甲骨の可動域を広げるためのストレッチが必要となってきます。
そのストレッチとしては内転・外転、あるいは回旋の動きで肩が回る範囲を広げることが大切です。
肩甲骨周辺の筋肉や関節の柔軟性を高めることが必要となってくるのです。

有効なストレッチをいくつか紹介します。

◆両手の前腕を垂直に立て、両腕を開いて肩甲骨を閉じた状態から、背中を丸めて肩甲骨を開きながら両腕を前方でくっつけます。
この動きを10~20回程度繰り返します。

◆手の平を上に向けた状態で片腕を斜め上に上げます。胴体に対して対角線、つまり斜め下に手の平を下に向けながら腕を振り下ろす動きを10~20回程度繰り返します。

◆両腕を真横に伸ばして上げ、親指を真上に上げた状態から肩を回して親指を増したに向ける動きを10~20回程度繰り返します。

このような運動を取り入れて鋭いスマッシュが打てるようにトレーニングを重ねて下さい!!

スポンサーリンク