スポンサーリンク

咳をすると肩甲骨が痛む。その原因は筋肉痛である場合のほか、咳そのものが原因かも知れません。咳はひどくなると肋骨にヒビが入るほどの力を伴うものです。
また、椎間関節症である場合も疑われます。
椎間関節症は肥満や運動不足、猫背などの姿勢の悪さによって引き起こされるといわれています。日頃から適度な運動と正しい姿勢を身につけることを心がけましょう。

ŠP‚ð‚·‚é—«

その肩甲骨の痛み…咳そのものが原因!?それとも椎間関節症??

咳をすると肩甲骨付近が痛む。
その原因はさまざまなものが想定されますが、痛みの原因のほとんどは筋肉痛である場合が多いといえます。肩甲骨は腕や肩、首とつながっているため、いろいろな体の動きが筋肉の損傷や疲労に直結し、痛みが起きやすい部位であるといえます。

スポンサーリンク

一方で、筋肉痛になるような覚えがない場合、咳そのものが痛みの原因である場合も考えられます。つまり、咳によって胸のまわりや喉のまわり、肩などの筋肉が固くなり、それによって肩甲骨の痛みが出るということです。

咳はひどい状態になると、肋骨にヒビが入るほどの力を使ってしまうものなのです。
特に風邪などを引いている場合、夜間に咳き込んだりしていると、起床時に肩や肩甲骨に強い痛みを感じることがあります。
咳によって痛みを生じたものではないことが明確である場合は、胸椎の椎間関節症であることも考えられます。椎間関節は神経が多く痛みに敏感な箇所であるといえます。
この関節が擦れる動作、例えば深呼吸や体を捻る運動などや、咳やくしゃみによる衝撃によっても痛みを感じます。

椎間関節症は、肥満、運動不足、猫背などの悪い姿勢などによって引き起こされるといわれています。日頃から正しい姿勢を心がけ、適度な運動に努めることが大切です。長時間のデスクワークなどによって筋肉が硬直してしまうことも痛みを引き起こす原因となります。

適度に休憩を取り、軽く体を動かし、リフレッシュの時間をつくるようにして下さい。

スポンサーリンク