スポンサーリンク

左背中が痛い 男性

肉体労働に従事する方からデスクワークの仕事が主な方
立ち仕事からIT屋さんまでみんな口をそろえて言うのが

背中が痛い!!

腰が痛い!!

こういった、ちょっとした愚痴は良く聞くことでしょう。

そして、自分もそうだから、共感できる…
そうだよね~と盛り上がりつつも中々に深刻な話題ですね。

私もデスクワークから飲食店でのホールスタッフまでやったことがありますが
やはり肩こりと背中のこり、痛みに悩みに悩まされました。

そんな時、整体院にかかって教わったことがあるのです。

背中の痛みや、こりは大抵連動していると聞いたのです。
それは、日本人の普段の姿勢に問題があるようなのですがそれはいったいなんでしょう。

背中の痛みの原因となる大半が実は身体の重心。あなたはバランスOK??

まず整体師の先生が真っ先に言っていたのは、まぁ一般論ですが猫背。

ここ数年は特に増えていると整体師の方は言われました。

スポンサーリンク

それは何故か??

駅前や街中で歩いている学生、サラリーマンを見渡せば理解できます。

そう!!常に片手にスマホを持って、画面を見ながら歩いている方が多いことに気づくはず。
スマホがブームになる前は、こんなに携帯を触りながら歩く方はいませんでした。

歩きスマホは前方不注意で危険なだけでなく
これが先ず習慣になっている人が多く結果的に猫背になりがちなそうです。

そして猫背だけでなくバランスでもあるそうなのです。

どちらかに重心が偏る歩き方をしていると、どちらかの筋肉に負担が行き
結果的に姿勢も悪くなれば自然と筋肉の緊張もどちらかによってしまい
身体を酷使してしまうのだそうです。

私の友達に五輪の体操を目指していた方が居ましたが一番難しく
基礎になるのがバランスの競技だそうです。

そのためにも、猫背ではなく正しい姿勢を保ち常に前を向いて歩くことが
健康においても同様に基礎だと私も思います。

私は先ず意識をすることから始め、歩きスマホやながら歩きを意識してやめたところ
背中はもちろん肩の痛みも軽減しました。

歩きスマホや画面の見すぎが痛みの原因とわかれば改善は簡単です!!

習慣を変えることは難しいですが、それを嫌がらず、先ずは基礎から始めて
姿勢のS字ラインを意識して前を向いて歩いてみましょう!!

スポンサーリンク