スポンサーリンク

肩こりに悩まされている人は多いと思いますが、肩こりからひどい頭痛を伴うという人も少なくないのでは??
肩こりが原因となって頭痛が起こる、これ実は肩甲骨が関係しているのです。肩がこって頭痛になりそうだと感じたら、肩甲骨周辺をほぐしてみて下さい。

肩こり 頭痛 原因

肩こりに伴う頭痛は、肩甲骨周辺をほぐすことで予防

日々肩こりに悩まされている人は多いと思います。

中にはひどい肩こりから頭痛を伴い、辛い思いをしている人も少なくないのでは??

肩こりが原因となって頭痛が起こる、実はこれには肩甲骨が関係しているのです。

肩甲骨には肩やたくさんの筋肉がくっついていますが、肩こりの原因となる筋肉はそのほとんどが肩甲骨の背中側にあるものです。
筋肉は一定の姿勢を保ち、頭や腕の重さを支えるために緊張しています。
筋肉にとって引っ張られたり、縮んだりしながら緊張することは、実はとても負担になることなのです。中でも、首の付け根から肩先、背中の真ん中くらいまである僧帽筋や上部頸椎から伸びて肩甲骨の角に付着している肩甲挙筋などの筋肉の緊張が肩甲骨の動きを悪くし、肩こりの原因として違和感を感じてしまうことになります。

スポンサーリンク

肩まわりの筋肉は同様に頭の筋肉ともつながっています。
先程の僧帽筋や首の後ろの付け根から肩まわりにつながる後頸筋などは頭の筋肉と関係が深い筋肉といわれています。これら頭と関係の深い筋肉が硬くなってしまったり、血流が悪くなることで頭の筋肉に緊張が起こり、結果として頭痛が引き起こされるというわけです。

軽い頭痛の場合は、後頭部をマッサージすることで症状は軽減するかと思います。
症状がやや重い場合は、痛い部分を自分で軽くマッサージすると一時的に痛みは和らぐものの、しばらくすると元に戻ったり場合によっては痛みが増したりします。
これは、頭に直結する筋肉だけの問題ではなく、肩甲骨周辺からの筋肉のつながりが影響しているためだと考えられています。したがってこの場合、後頭部から首、肩まわりの筋肉を合わせてほぐすなどの処置が必要となります。

肩がこってきて頭痛が起こりそうだな…
と不安を感じたら肩甲骨周辺をほぐして予防しましょう。

スポンサーリンク