スポンサーリンク

肩甲骨の痛みの原因のほとんどは筋肉痛である場合が多いといえます。
但し、触ると痛いという症状の原因は長時間同じ体勢でいることや、姿勢の悪さなどによって筋肉が緊張し、神経を圧迫していることが想定されます。
また、四十肩五十肩と呼ばれる年齢特有の症状も触ると痛い疾患です。このほか重大な内臓疾患である場合も否定できないので、早めに医療機関の受診をお勧めします!

肩胛骨 触る 痛い 原因

肩甲骨を触っただけで痛い…その原因は??

肩甲骨のあたりに痛みを感じる原因のほとんどは、筋肉痛によるものといわれています。
肩甲骨は腕や肩、首とつながっているので、さまざまな体の動きが筋肉の損傷や疲労に直結。

スポンサーリンク

触っただけでも痛いというような症状の場合、長時間同じ姿勢でいることや日頃の運動不足、姿勢の悪さなどによって肩甲骨周辺の筋肉が緊張し、血流障害や神経の圧迫によるものが想定されます。こういった場合には、ストレッチや体操などで改善が図れる場合もあります。

そもそも肩甲骨周辺に痛みを起こす最も頻度の高い原因部位は肩関節で、続いて頸椎がそれに続きます。この二つの部位で肩甲骨周辺の痛みの80~90%を占めるといわれています。

年齢にもよりますが、肩関節の痛みの場合は、いわゆる四十肩、五十肩と呼ばれる原因不明の激痛に襲われることもあります。この場合、肩関節に限らず、肩甲骨や脊椎に近いところまで押すと痛い箇所があります。腕の動きによって耐えがたい激痛が襲います。

このほか、頸椎の障害によって痛みが出る場合もあります。痛みの場所は肩甲骨の上や内側であることが多く、首を動かすと痛みが誘発されます。
筋肉痛や肩凝り、首や肩に原因がなかった場合は内臓疾患が疑われます。
肩甲骨周辺のどのあたりが痛いかによって、考えられる疾患も異なりますが、心臓や肝臓、胆のうなどに重大な病気が隠されていることも考えられます。いずれにしても早めに医療機関を受診することが賢明です。

スポンサーリンク