スポンサーリンク

女性の多くは冷え性に悩まされています。冷え性の原因は血流の悪さによるもので、人間の身体の中でこの血流が滞りやすい箇所は肩甲骨周辺だといわれています。
運動不足も冷え性を引き起こすので、肩甲骨周辺を意識したストレッチなどによって冷え性の予防改善に心がけましょう。

肩甲骨 冷え症

肩甲骨を刺激して冷え性を予防改善

一説によると女性の70%くらいは冷え性に悩まされているといわれています。
冷え性は、血流が悪くなることで手足の先まで熱が行き届かず、極端な場合は痛みを伴うこともあり、寒くなるとその症状は出やすくなります。冷え性をそのまま放置しておくと疲れやすく、身体の怠さを引き起こします。

スポンサーリンク

意外に知られていないことですが、運動不足が冷え性を引き起こす場合があります。
デスクワークがメインで、一日中同じ体勢で座りっぱなし、仕事が終わる頃には足がむくんでしまっている、といった方は危険信号です。
身体を動かす時間が少ないがために血流が悪くなっているのです。

では、運動不足の解消や血流を良くして冷え性を防いだり改善するにはどうすればいいのでしょうか??実は、人間の身体の中で血流が滞りやすい箇所は肩甲骨周辺だといわれています。

肩甲骨周辺には、「褐色脂肪細胞」というものがありますが、これは脂肪を分解して熱やエネルギーに変えてくれる細胞のことです。褐色脂肪細胞が活性化すると脂肪が燃焼され、体温や基礎代謝が上がるため冷え性の改善に効果があるといわれています。ただし、肩甲骨周辺の筋肉は普段の生活ではあまり動かさない箇所なので、意識的にストレッチやエクササイズなどで動かし、刺激を与えてあげることが大切です。

仕事の合間やお風呂上がりなど、肩甲骨を意識しながら適度にストレッチを行い、周辺の凝りを解消することで冷え性の予防、改善に心がけましょう。

スポンサーリンク