スポンサーリンク

慢性的な肩こりに悩まされている人は多いと思いますが、この肩こりの原因が肩甲骨にあるということはずいぶん知られるようになったのではないでしょうか。

肩甲骨周辺の筋肉の緊張の血行不良が肩こりの原因となるので、周辺の筋肉を的確にほぐしてあげることが大切です。

肩甲骨 肩こり 関係

肩こりの原因は肩甲骨周辺の筋肉にあり

慢性的な肩こりに悩まされている人は多いと思います。
この肩こり、原因は肩甲骨にある場合が多いこともずいぶん知られてきたようです。

そもそも肩は人間の体の中で最も自由に動く関節であり、それを支えているのが肩甲骨です。
したがって、肩甲骨の位置が悪いとちょっとしたことで肩がこってしまうのです。
肩こりが起きるのは首や首の付け根、付け根から肩先、肩甲骨の内側や間あたりが中心になりますが、一般的な肩こりであれば肩甲骨を大きく動かすことで解消できる可能性は高いといえます。また、肩こりを避けるためにはデスクワークなどで同じ姿勢を続けず、時折肩甲骨を動かす運動を試みることで慢性的な肩こりを避けることができるのです。

スポンサーリンク

肩甲骨には肩やたくさんの筋肉がくっついていますが、肩こりの原因となる筋肉はそのほとんどが肩甲骨の背中側にあるものです。筋肉は一定の姿勢を保ち、頭や腕の重さを支えるために緊張しています。筋肉にとって引っ張られたり、縮んだりしながら緊張することは、実はとても負担になることなのです。中でも、首の付け根から肩先、背中の真ん中くらいまである僧帽筋や、肩甲骨内側から背骨に向かって菱形に伸びる菱形筋、上部頸椎から伸びて肩甲骨の角に付着している肩甲挙筋など、これらの筋肉の緊張が肩甲骨の動きを悪くし、肩こりの原因として違和感を感じてしまうことになります。

その結果、これら筋肉の血行が悪くなり硬くこわばって肩こりがひどくなります。
背中側で左右の肩甲骨が非対称になっているような場合は、これらの筋肉をほぐしてあげることが改善につながります。

ただし、肩こりや筋肉疲労などは結局のところ、生活習慣姿勢疲労などが大きく関わってくるので、日頃の体調管理が一番大切といえるかも知れませんね。

スポンサーリンク