スポンサーリンク

背中が痛い 真ん中 朝

朝起きたときに背中が痛くなることがありますか??

ご存じない方も多いでしょうが、実は背中は感覚が鈍いところなのです。

背中に強い痛みが走るということ自体に重大な病気が隠れている可能性があります。

背中の痛みは背骨に関係することも考えられます。

もしかしたら、背中の真ん中が痛くなるということは病気のサインかもしれません...

背中の痛みで真ん中らへんである場合の病気と原因について調べてみました

背骨がずれているせいで真ん中に痛みがあるかも

原因の一つとして、椎間板ヘルニアやすべり症といった背骨に起因する症状があることが考えられます。

この場合は、確かに背中が痛いけど、背中のどこが特に痛いのか
ピンポイントに指し示すことができません。

スポンサーリンク

背骨が原因である場合
背中の真ん中が漠然と鋭くいたい、背骨に沿って痛いと感じることが多いようです。

腎臓に原因があると背中に激しい痛みが出ます

腎臓に原因がある場合も背中が痛くなります。

この場合は背中の真ん中、特に体の内側から痛みが来るように感じます。
腎臓結石などの場合には激しい痛みに襲われることになるでしょう。
結石の場合は尋常な痛みではありませんので、救急車を活用することも視野に入れてください。

また、腎炎、腎盂腎炎といった病気も背中の痛みが現れます。
この病気の場合には、発熱が伴います。
背中の痛みと発熱が続くようなら、病院を受診しましょう。

睡眠時の姿勢が問題になっているかも

普通は、睡眠時には寝返りをするなど多少動いているものですが
仰向けの姿勢のまま動かない時間が長くなってしまったために
背中の血流が悪くなり、朝背中の真ん中が痛くなるということがあります。

この場合は、体を動かすことですぐに解消されていきます。
背中の痛みがどのようなものかを見極めて、背中が痛い以外の症状があるようなら
迷わずに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク